Crea.では、難しい物件選びから設備チェック等全てをお手伝い致します


『居抜き物件タイプ』
『スケルトンタイプ』
この2タイプの特徴を理解して、検討していく事で理想と予算にあった物件に出会える近道に繋がります。

①2つの大きな特徴は

『居抜き物件』とは前テナントの内装、設備が残っている物件の事をいい、比較的初期費用を抑える事が出来ます。
『スケルトン』とは内装、設備が何もない状態の物件の事をいい、思い描いた自由なお店作りが可能です。

②居抜き物件

居抜き物件のメリットは初期費用を抑える事が出来る事です。しかし、注意点も多々あり電気ガス水道の設備を入念にチェックしても、長年使っていたものは突然壊れてしまうというリスクや大きなレイアウト変更は逆に費用が掛かってしまうので、100%思い描いたお店にする事は難しいです。配管や機械類は6年以降で故障等のリスクが跳ね上がる事を理解し慎重に検討する必要があります。

③スケルトン物件

オーナー様の経験より得た導線計画やデザインテイストを自由に作る事が可能です。また、スケルトンを生かした開放的な空間もスケルトンならではです。
設備面ではエアコンや水道配管なども全て新設になりますので突然の故障による『休業のリスク』を最大限抑える事ができ、開業後の急な出費の心配もなくなります。

④まとめ

新規開業の際は初期費用を抑える事が最大の目的となりがちですが、いざ開業すると『休業のリスク』を抑える事も重要な課題となります。
対応年数を超えた物を使い続ける事で急な故障により数日間営業出来ない状態に陥り、修理費用以上に売上損失が出るという事を私達はよく目にします。特に6年以上営業したお店の居抜き物件を選択する際は慎重に検討してください。